業界トップを走り続ける企業

目まぐるしく変化していくIT業界。最先端で企業が輝き続けるためには、その変化に柔軟に対応するだけでなく、何歩先も見据えた判断力が必要となります。新たな事業領域にも挑戦し、確実な成長を遂げている企業について調べてみました。

東証一部上場企業の株式会社スカラという企業について紹介します。梛野憲克が代表取締役社長を務めるスカラは、企業のコーポレートサイトやECサイトを企業とユーザー双方の観点で使いやすくするためのソリューションサービスを提供している企業です。サイト内検索サービス、自動音声応答サービス、FAQシステムなどをメインに、SaaS/ASPサービスを幅広く展開しています。

取引実績は業界トップクラス!上場企業400社を含め、これまでに1000社以上の大手企業と取引してきたようです。その秘訣は、スカラ独自の多岐にわたるサービスと、顧客ニーズを深く掘り下げた開発力にあるといいます。一番の強みは、営業から開発、運用までをすべて自社で行っているということ。そのためお客様との信頼関係をより深く築き上げることができるのです。顧客ニーズを追及し、それに応えるサービスを提供しているため、顧客からは高い評判を得ています。

特定のサービスに依存せず新たな事業領域へも挑戦し、最近ではIoTやビッグデータなど最先端の事業も始めたようです。このような特色も、企業が安定成長する原動力なのではないかと思います。

今後は、M&Aや事業連携をさらに積極的に行っていき、既存事業の拡大やBtoCビジネスなどにも取り組んでいくようです。梛野憲克氏率いるスカラは、お客様のニーズとサービスを提供する最適なタイミングを見計らい、複数のチャンネルを通じて情報を提供しているのです。そして、コミュニケーションの促進を実現しています。確実に企業が成長するこのビジネスモデルをもとに、柔軟な考えで新たな事業領域も開拓し続けているのです。

企業にもエンドユーザーにも使いやすいサービス

渋谷区広尾の恵比寿プライムスクエアタワーに入っている株式会社スカラをご存知でしょうか?

情報検索サービス「i-search」やコンテンツ管理サービス 「i-ask」「i-catalog」など、企業のウェブサイトやモバイルアプリを、企業とエンドユーザーどちらにとっても使いやすくするためのツールやアプリケーションをクラウドサービスとして提供しています。その開発力とサービス力により、スカラは業界トップクラスのシェア率を記録しています。これまでに取引した企業は、1,000社以上とのこと。これも代表を務める梛野憲克氏の指導力にあるのでしょうか。

梛野憲克のプロフィールはこちらをチェック

梛野憲克氏の教えのもと、スカラでは多数のサービスを提供しています。その中から代表的なサービス、サイト内検索エンジン「i-search」についてみてみましょう。これは、検索にヒットしたページのサムネイル画像を表示するもので、サムネイル画像をマウスオーバーすると画像を拡大したものがポップアップされます。また、任意のページをおすすめのコンテンツに表示できたりなど、管理機能が豊富にそろっています。

i-searchを導入することで、ユーザービリティの向上や、検索結果ページのデザイン性向上により、ブランドの価値増大が期待できます。おすすめコンテンツなどにユーザーを誘導する機会を増やすことも可能です。豊富にある管理機能により検索結果の並び順などの調査を実現します。検索キーワードなどを解析するため、ユーザーの動向を分析することもできます。また、キーワードランキングを表示したり、LPO対策にも活用できるサービスとなっています。

i-searchをはじめ、様々なIT技術を使った便利なサービスを提供しているスカラ。既存の事業だけでなく、新たな事業領域にも足を踏み入れ、様々な取り組みを行っているようです。今後も目が離せない企業ですね!

サイト内検索サービスのi-search

コミュニケーションツールとしてIT技術を利用しサービスを展開している企業は世の中にたくさんあることでしょう。その中でも株式会社スカラという企業は、SaaS/ASP事業で業界トップクラスのシェアを誇っています。スカラの経営者である梛野憲克は、必要な情報を必要なタイミングで扱う仕組みが必要だと語っています。また企業理念の一つに「永続的に繁栄する」ことを掲げ、事業を展開しているようです。
そんな梛野憲克率いる株式会社スカラでは、情報検索やコンテンツ管理、コンテンツ配信や各種受付などをサポートするサービスの数々がリリースされています。
今回は、サイト内検索エンジンの「i-search」について紹介していきます。

i-searchは、企業ホームページにアクセスしたユーザーが知りたいと思っているコンテンツをキーワードから検索するシステムのことです。
調べたいことがあっても、サイト構造が複雑で目的の情報にたどり着けなかったり、ページや情報量が多すぎてわかりにくかったり、どこになにが書いているのかわからないサイトも多いでしょう。結局サイトを訪れても、知りたいことがわからずじまいで終わってしまったという経験がある人も少なくないでしょう。
i-searchをホームページに取り入れると、目的のページを検索しやすくすることにより、サイトの使いやすさが向上するようです。また、目的の情報にたどり着けなかったユーザーの離脱による機会損失が低くなるとのこと。ほかにも、PDFファイル内のキーワード検索も可能になるようです。
わかりやすいサイトであってもサイト内検索エンジンを導入することで、検索キーワードからユーザーニーズを知ることができるそうです。

このように様々なメリットのあるサイト検索エンジン。スカラの人と人、企業と人のコミュニケーションをサポートするツールを導入することで、多くのコーポレートサイトのユーザビリティが向上するのではないでしょうか。

SaaSASPサービスで世の中に貢献し続ける

“お客様のもとめるモノ”をIT技術によって実現している企業が、株式会社スカラです。お客様が何を求めているのかを深く掘り下げるために重要なのは、厚い信頼関係だと代表の梛野憲克氏はいいます。業界のトップをいくスカラは、今までにない要望や高いレベルの領域で仕事を任されることも多いようです。そのため、ニーズに対する柔軟性やチャレンジ精神、成長意欲をもつ人材が多く活躍しているといいます。ニーズを実現するために、何をどうすればいいのか考える強い意志と熱い思いをもった人たちにより、幅広いサービスが生み出されているのです。

私たちの生活において、いまやIT技術はなくてはならないものとなっています。そのIT技術を使い、人と人、企業と人のコミュニケーションをサポートするためのツールを提供しているスカラ。梛野憲克氏を筆頭に、サイト支援サービスや自動音声応答システム、ニュース配信サービス、情報ポータルサイト運営などの複数のチャネルを利用したSaaS/ASPサービスを開発しているのです。

これらをサービスの基盤とし、ユーザーとやり取りする中でユーザーが望む情報と適切なタイミングをつかみ、“情報“として複数のチャネルを通して提供することが、コミュニケーションの促進につながるのです。コミュニケーションが促進され、スカラがそれをサポートするためのサービスをさらに拡充する…そして世の中が発展していくのです。IT技術を提供する企業は五万とありますが、スカラのIT技術は多くの企業、人から支持されています。

近年ではBtoCビジネスも始めたというスカラ。今後も新たな事業領域を次々と開拓し、さらに世の中に貢献してくことでしょう。次はどんなことにチャレンジするのか、目が離せません。これからも注目してみていきたい企業です。

スカラコミュニケーションズの会員管理システム

スカラコミュニケーションズではアンケートを簡単に作成できるシステムやポイント管理、デジタルギフトなどの会員管理システムも提供しています。

■総合マーケティングシステム『i-entry』

梛野憲克が代表を務めるスカラコミュニケーションズの総合マーケティングシステム『i-entry』は、専門知識がない方でも簡単にアンケートフォームの作成が可能なシステムです。運用業務の効率化が図れるだけでなく、アンケートの回答条件別でメール配信もできます。
ASPサービスのためソフトのインストールやサーバーの構築などの面倒な作業は不要。手間がかからずに低価格で高性能のマーケティングシステムを使うことができます。
またHTMLなどのスキルがない方でも簡単にアンケート作成が可能です。さらにリアルタイムで回答データを集計、グラフ表示やダウンロード機能もあります。

■カスタマイズ自在のポイントシステム『i-point』

POSシステムと連携し、自由にカスタマイズが可能なポイントシステムが『i-point』です。
『i-point』では店舗のPOSシステムと連携することで、ポイントや会員情報を一元管理できます。メルマガ配信にも対応しており、集客力やリピート率の向上が期待できます。
ポイントカードサービスの導入を販促ツールとして検討しているけれど、何から手をつけたらよいか分からないという方は梛野憲克率いるスカラコミュニケーションズに相談してみると良いでしょう。

■デジタルギフトサービス『i-gift』

『i-gift』はスカラコミュニケーションズが提供するデジタルチケット配信サービスで、会社や個人向けキャンペーンなどの景品や謝礼で使うことができる送料がかからないデジタルギフトです。
これまでのインセンティブプレゼントの配布と比べ、いろいろな効率化が図れるだけでなく、柔軟なキャンペーン設計や効果測定も簡単になる特徴があります。